信用取引

楽天証券の口座開設ガイド

楽天証券の信用取引は、制度信用取引に加えて、一般信用取引も行っています。

楽天証券TOP > 信用取引

信用取引

信用取引とは、証券会社から資金を借り入れる形で株式を購入する取引の方法です。

信用取引には2種類あって、もともとあった信用取引のやりかたを制度信用取引といいます。この場合、取引できる銘柄が限られており、弁済期限も6ヶ月と短いので、短期で収益を上げなければマイナスになってしまうというデメリットがありました。

制度信用取引の厳しい制限を解消するために1998年に改正された証券取引法では、一般信用取引の導入が認められました。一般信用取引の場合には、取引銘柄や弁済期限などを投資家と証券会社の間で自由に決めることができます。

楽天証券の場合、一般信用取引であれば、東証・大証・マザーズ・ジャスダックのほとんどすべての銘柄が取引可能で、弁済期限も最長3年なので、長期の展望をもって信用取引に臨むことができます。

また、銘柄の制限が極めて少ないため、IPO株を初日から信用取引することも可能。高騰するケースも多いIPO株を初日から扱えるようになったことで、投資家の方にとっても大きなチャンスとなり得ます。

楽天証券で信用取引をする場合には、まず信用取引の口座を開設します。基本的にはインターネットでの申し込みで口座開設が可能です。

信用取引の場合、株価が下がることで、損失が生じる恐れもあるため、最初に委託保証金を差し入れることが必要です。さらに委託金の維持率が20%未満となった場合には、定められた期日までに不足分を差し入れなければなりません。

楽天証券 ⇒楽天証券の公式サイト

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 楽天証券の口座開設ガイド All Rights Reserved.